江戸東京野菜について

早稲田ミョウガ

 江戸時代から大正時代にかけて、早稲田周辺でたくさん栽培され、薬味都市で愛用されてきた。ミョウガタケは根茎から発生する茎葉を軟化伸長させたもので、江戸職人ならではの芸術品である。

代表的な取り扱い地区のJA

JA東京あおば http://www.ja-tokyoaoba.or.jp/
JA東京みらい http://www.ja-tokyomirai.or.jp