江戸東京野菜について

寺島ナス【てらじまなす】(蔓細千成ナス)

 「新編 武蔵風土記稿」では、葛飾郡の茄子について「東・西葛西領中にて作るもの。他の産に比すれば最も早し。よりて形は小さいなれど、早生なすと呼び賞美す」とあり、寺島辺りでも盛んに栽培されていました。このことから、別名寺島茄子(てらじまなす)ともいいます。

代表的な取り扱い地区のJA

JA東京みらい http://www.ja-tokyomirai.or.jp
JA東京むさし http://www.jatm.or.jp/