江戸東京野菜について

下山千歳白菜【しもやまちとせはくさい】

 世田谷区北烏山の下山義雄(故人)氏が育成したのが下山千歳白菜(しもやまちとせはくさい)。昭和20年代、白菜産地がウイルス病で壊滅的な被害を受けていたなかで、病気に負けず残った白菜であり、注目を浴びました。市民緑地「北烏山九丁目屋敷林」として一般に開放されている下山家の庭には「下山千歳白菜発祥之地」の碑が築かれています。

代表的な取り扱い地区のJA

JA東京むさし http://www.jatm.or.jp/
JA東京中央 http://www.ja-tokyochuo.or.jp/