JA東京中央会について

JA東京中央会とは

 JA東京中央会(東京都農業協同組合中央会)は、昭和30年に、東京都のJAグループの独立的な総合指導機関として設立されました。
 東京都の農業協同組合及び農業協同組合連合会の健全な発達を図るために、JA東京中央会は、JA全中(全国農業協同組合中央会)とともに、東京都のJAや連合会の指導、情報提供、監査、農業政策への意思反映の取り組み、広報、組合員・役職員の人材育成をしています。
 こうした活動を通じて、東京都の農業を発展させ、安全・安心で豊かな食べものを提供するとともに、地域社会に貢献するJA東京クループの取り組みを支援しています。

JA・農業協同組合とは

 JA(農業協同組合)とは、相互扶助の精神のもとに農家の営農と生活を守り高め、よりよい社会を築くことを目的に組織された協同組合です。
 この目的のために、JAは営農や生活の指導をするほか、生産資材・生活資材の共同購入や農畜産物の共同販売、貯金の受け入れ、農業生産資金や生活資金の貸し付け、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置、あるいは万一の場合に備える共済等の事業や活動を行っています。
 JAとはJapan Agricultural Co-operatives(日本の農業協同組合)の略したもので、新しい農業協同組合(農協)のイメージを象徴する愛称として1992年4月から使用しています。

 もっと詳しく→ JAグループとは

中央会とは

 中央会とは、多様な事業を行うJAグループを代表し、意見をまとめ、内外に向けた意見反映の取り組みを行う組織です。都道府県中央会は、県内のJAや連合会などの指導、情報提供、監査、農業政策への意思反映の取り組み、広報、組合員・役職員の人材育成など、県域の方針決定や指導・連携・調整を行っています。
 JA東京中央会は、農業協同組合がその目的を達成できるよう、JA東京グループをまとめていく役割を担っています。

JA東京中央会のめざすもの

経営理念

私たちは、組合員のくらしを支え、
"東京農業の振興とJAの発展"に貢献します
地域共同体としての役割を果たし、"きずなづくり"に寄与します

ビジョン

私たちは、"身近で頼れるコンサルティングチーム"として
JAの"ベストパートナー"で在り続けます

行動指針

私たちは、"アグリAGRIマインド" で歩み続けよう

"Act"
常に、今、積極的に行動
"Good"
より良いものを生み出す導き・決断
"Respect"
尊敬・尊重・信頼
"Integrate"
想いをひとつに…

会長より

JA東京中央会 須藤正敏会長

 2018年新年の挨拶
 新年あけましておめでとうございます。組合員、都民の皆さまにおかれましては新たな年を穏やかなうちにお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年中は都市農業・JA事業への深いご理解とご協力を賜り、心よりお礼申し上げます。

 都市農業振興基本法の施行により、都市農業の必要性が広く認識され、また生産緑地法や税制など制度面も変わり始めています。JA東京中央会としましても、より多くの方々に東京の農業が果たす多面的な役割と魅力を伝えるべく、さまざまな活動に取り組んでおります。昨年の4月には、新宿駅南口すぐの甲州街道沿いに、都民への情報発信拠点として「JA東京アグリパーク」をオープンし、すでに約19万人の方に来場いただきました。これからも、東京の農業の魅力や重要性とともに、都内外のJAグループの取り組みをPRしています。また、この1月から、東京区部で農地・JAの無い行政区の、学校給食に都内産野菜の提供している小・中学校に、農家生産者の方々が出張し、出前授業を行っていただくという事業も始めます。今後、ますます都市農業の価値を都民、さらには国民へと発信してまいります。

 一方、JA自己改革も正念場を迎えています。この重大な転換期においてJA東京グループは、食と農を基軸として地域に根ざした協同組合をめざし、持続可能な農業の実現・豊かでくらしやすい地域社会の実現・協同組合としての役割発揮の3つをビジョンとしました。

 ビジョン実現のため、私たちJA東京グループは・・・

  • 東京農業の振興を踏まえた農業者の所得増大
  • 地域貢献活動による都民理解の醸成
  • 組合員と共に歩む組織づくり
  • JA自己改革の実践を支える経営基盤の強化

 以上の4つのテーマの実践を第31回JA東京大会で決議しました。平成30年度はこの3カ年計画の最終年度にあたります。役職員一丸となり全力を挙げて組合員および地域住民に貢献するJAづくりに取り組んでまいります。本年もみなさまにとって幸多き、穏やかな年でありますことを心からお祈り申し上げ、年頭のごあいさつといたします。

アクセスマップ