新着情報

【新年のご挨拶】仕事始め式を開きました

 4日、立川市のJA東京ビルで、JA東京中央会とJA東京グループ各連合会、関係団体の合同仕事始め式を開きました。JA東京中央会の須藤正敏会長が「JA東京グループで行っている収穫体験や農業体験など、都民が農に触れる機会を通して、東京の農業を応援してくださる方が増えてきている。TPPやEPA、また中央会の組織変更などの影響もあり、JAを取り巻く環境は厳しいが、苦しい時こそ人間力を発揮し、10年後、30年後も東京の農業を守っていこう」と呼びかけ、役職員一同気持ちを引き締めました。

 JA東京中央会では、今年も多くの方に東京の多くの方に東京の農業の魅力を発信して参ります。

 

新年のあいさつをする須藤会長