新着情報

【プレスリリース】JA共済 Presents 「VRで巡るTOKYO農業~360°の驚きの体験~」を 11/6~11/10に開催

「VR」とドローン映像で、新宿にいながら東京農業を体感  クイズに正解してプレゼントをゲットしよう!

 

JA東京アグリパークでは、11月6日(火)~11月10日(土)の5日間、東京都内の農業や都市農地活用方法などを紹介するイベントを開催します。

 

全国共済農業協同組合連合会 東京都本部(JA共済連東京)は、JA共済連では初めての取り組みとなる、ドローンを活用したVR(バーチャルリアリティ)映像で東京農業を紹介する3つの番組を製作しました。

映像では、東京という大都会に展開する特徴的な農業について360度カメラで撮影した映像とナレーションとともに紹介します。

また、VR映像内で出題するクイズに解答していただくと、正解者にはJA共済オリジナルキャラクター「ひとのわグマ」グッズを贈呈します。期間中は東京産の野菜を販売し、新宿にいながら東京都内のさまざまな農業について体感できるイベントとなっておりますので、多くの皆さまのご来場を心からお待ちしております。

 

1.開催日時:平成30年11月6日(火)~11月10日(土)

       午前11時~午後6時30分

       (10日は午後5時終了)

2.会場  :JA東京アグリパーク

       東京都渋谷区代々木2-10-12

       JA東京南新宿ビル1階

       (JR新宿駅南口から徒歩4分)

3.目的  :東京都内の農業や都市農地活用方法などをPRし、

       有効性・重要性を感じていただきます。

4.主催  :全国共済農業協同組合連合会 東京都本部(JA共済連東京)

       ※「共済」とは、「互いに助け合う」、

        「お互いにお金を出し合って何かをする」といった意味を持つ言葉です。

      JA共済は、相互扶助(助け合い)の事業理念に基づき、

      JAとJA共済連が一体的な事業運営を行うことによって、

      組合員・利用者の皆さまの生活を取り巻くさまざまなリスクに備える

      「ひと・いえ・くるまの総合保障」を提供しています。

 

 

VRコンテンツの内容は以下の通りです。来場者にはVRゴーグル(3台設置)にて鑑賞いただきます。

 

(1) 「東京の主な農業」編

葛飾区:背後にスカイツリーを望む住宅街の中に畑やビニールハウスが点在。ナスやキュウリを栽培しています。

稲城市:住宅の間に見える畑は梨やブドウを栽培する果樹園。品種は梨が「稲城」、ブドウは「高尾」と東京の地名にちなんだ名前がついています。

 

(2) 「東京の農地活用」編

東大和市:野菜作りのプロである農家が講師となって、都市住民を対象に体験農園が開かれています。種のまき方、肥料のやり方、栽培ネットの張り方などを指導しています。

青梅市 :JAが休耕地を預かって大豆などを栽培しています。

 

(3) 「東京にもある自然豊かな農業」編

奥多摩:きれいな水が流れる山の斜面に、ワサビ田が広がっています。

青梅市:水田が一面に広がっています。

 

※この他、会場ではVR映像に登場した農家の等身大パネルを設置。生産者としての思いなどを紹介します。さらに「防災に役立つ」「環境を守る」「食を学ぶ」はたらきを持つ農地・農業の多面的役割をパネルで紹介します。

また、JAのよりすぐりのレトルトカレーやドレッシングを集め、展示販売します。

 

 

<店舗情報>

店舗名   : JA東京アグリパーク

所在地    : 東京都渋谷区代々木2-10-12 JA東京南新宿ビル1F

営業時間  : 午前11時~午後6時30分(イベントによって異なる)

定休日   : 日曜日、月曜日

電話番号  : 03-3370-3001

ホームページ: http://agripark.tokyo/

 

<組織概要>

組織名   : 東京都農業協同組合中央会 (JA東京中央会)

設立    : 1955年

代表者   : 会長 須藤 正敏

所在地   : 東京都立川市柴崎町3-5-25 JA東京第1ビル4F

電話番号  : 042-528-1372

ホームページ: http://www.tokyo-ja.or.jp/