江戸・東京の農業

旧中山道はタネ屋街道

 ここ旧中山道を通る旅人の中には弁当を食べるため、街道沿いの農家に立ち寄り、縁側を使わせてもらう人などもいました。旅人は、農家の庭先や土間で 見慣れない野菜を見かけると、国元で栽培しようと、種子を欲しがる人も多く、やがては農家の副業として種子を販売するようになりました。

その後、江戸・東京が生んだ滝野川ゴボウ、滝野川ニンジンなど優れた野菜が出現すると、種子を扱う専門店ができ、明治の中期には巣鴨のとげぬき地蔵から板橋区清水町にいたる約6キロの間にタネ屋問屋が9戸、小売店が20戸も立ち並ぶ、タネ屋街道になっていました。

寛永20年(1643)の代官所に申告した書き付けに、長野県諏訪の種の行商人が榎本種苗店(豊島区西巣鴨)に仕入れにきた模様が記されて います。馬12~3頭を曳いて種子を仕入れ、帰り道「萬種物」の旗を立て街道筋の種子問屋に卸していったり、農家に販売して歩くなど、さながら富山の薬売 りと同じように種子も行商により商われていました。

スタンプ

真性寺

豊島区巣鴨3-21-21 (JR山手線巣鴨駅とげぬき地蔵通り)
TEL: 03-3918-4068