江戸・東京の農業

滝野川ニンジンとゴボウ

 この地域は深い黒土に覆われているため、長い根のゴボウ・ニンジンの生育に適していました。「北区の風土記」に「滝野川の地域は、武蔵野台地の一部 で、水田が乏しく、畑地ばかりなので、米の代わりに野菜をつくって江戸に出荷していた。」とあり、とくに、ニンジンとゴボウは篤農家の努力で優秀な品種が 作られ、江戸の人々に歓迎されました。 

滝野川ニンジンは他のニンジンに比べて収穫時期が遅く根が長い品種で、長さは1メートルにも及びました。濃い赤紅色で、香りが強く肉質がし まっているのが特色で、関西の「金時ニンジン」と並んで関東地方では、享保年間(1716~36)から昭和20年頃まで、約200年間にわたり栽培されま した。 また、滝野川ゴボウは、元禄年間(1688~1704)に北豊島郡滝野川の鈴木源吾によって栽培が始まり、根の長さが1メートルもある大長ゴボウ で品質が良く人気がありました。

スタンプ

滝野川西区民センター

北区滝野川6-21-25