江戸・東京の農業

下千葉小カブと糸ミツバ

 下千葉は、かつて南綾瀬村大字下千葉(現在の葛飾区堀切周辺)と呼ばれ、小面積で短期間に多収穫をあげる、いわゆる野菜の集約農法の先進地として発 展した所です。なかでも「小カブ」と「糸ミツバ」は肥沃な土地と大都市近郊という好条件に恵まれて、昭和年代前半まで当地の特産品として栽培され、江戸・ 東京の台所を潤してきました。

 「下千葉小カブ」の栽培起源は口碑による説では、江戸時代中期の頃からといわれています。本格的な栽培は明治末期に入ってからで、以後「下 千葉小カブ」の原産地としての生産が続けられる一方で、種子とりも盛んに行われました。この種子はやがて他町村に広まって行き、各地の産地形成に役立てら れました。

 また、糸ミツバは大正時代初期にはかなり作られていましたが、栽培起源は明らかではありません。一説には天保年間(1830~44)の頃、 南綾瀬村の相川喜衛門が旧砂村(江東区砂町)から導入したのが始まりらしいともいわれています。その繊細な品質は、東京の市場や料理屋から高く評価されて いました。

スタンプ

氷川神社

葛飾区堀切5-38-10 (京成堀切菖蒲園駅15分)
TEL: 03-3602-4522