江戸・東京の農業

亀戸大根

 このあたりで大根づくりが始まったのは、記録によると文久年間(1861~64)の頃とされ、当香取神社周辺が栽培の中心地で、以来、明治時代にか けて盛んに栽培されてきました。当地は荒川水系によってできた肥沃な粘土質土壌であったため、肉質が緻密で白く冴えた肌の大根づくりに大変適していまし た。

 亀戸大根は、根が30㎝程度の短い大根で、先がクサビ状にとがっているのが特長。 明治の頃は「おかめ大根」とか「お多福大根」といわれま したが、大正初期になって産地の名をつけて「亀戸大根」と呼ばれるようになりました。しかし、宅地化が進んだ大正時代の終り頃から産地は江戸川区小岩や葛 飾区高砂などに移っていきました。

 秋から冬に種をまいて早春に収穫となる亀戸大根は、当時は他に大根などの全くない時期で、新鮮な野菜の出始めの頃なので根も葉も共に浅漬けにして美味しいことから、江戸っ子から大いに重宝がられました。

スタンプ

香取神社

江東区亀戸3-57-22 (JR総武線亀戸駅北10分)
TEL: 03-3684-2813