江戸・東京の農業

鳴子ウリ

 成子天神を中心とした地域は、江戸時代マクワウリの特産地でした。

 記録によれば、江戸に幕府を開いた徳川家は、元和年間(1615~24)に美濃の国真桑村から農民を呼び寄せ、当鳴子と府中の是政村(現在の府中市)に御用畑を設け、マクワウリを栽培させました。

 マクワウリは根が浅く、土の乾燥に弱いので、土に湿り気のある神田川流域の当地は適地でした。

 元禄11年(1698)新宿に宿場が開かれたため、栽培は次第に盛んとなり、当時、四谷ウリとか、この地域が鳴子坂と呼ばれていたので、鳴子ウリと呼ばれ、明治にいたるまで特産地として栄えました。

 鳴子ウリは長さ四寸(12cm)で、太さは元で一・八寸(約5.4cm)。末で二寸(6cm)余りの小型のウリで、外観は緑色で表面に細い 緑のすじがあり、熟すと甘い香りと共に黄色く色付く。果肉は緑色で甘味に富んで、当時は甘い物が少なかったので水菓子として貴重な野菜でした。

スタンプ

成子天神社

新宿区西新宿8-14-10 (JR新宿駅西口下車徒歩10分)
TEL: 03-3368-6933