江戸・東京の農業

宗兵衛裸麦

 明治時代は、麦は欠かすことのできない主食でした。川口村(現在の八王子市川口町)では農地の90パーセント近くが畑で、多くの農家では畑づくりに力を入れていました。 

 河井宗兵衛は嘉永六年(1853)下川口村堀口の生まれで、農業技術研究に極めて熱心で、特に裸麦の品種改良に精力的に取組み、4年余の歳月を重ねて「宗兵衛裸麦」を生み出しました。

 本来温暖な西日本の水田裏作に多く栽培されていた裸麦は、関東の気候には向いていなかったので、冬の低温、乾燥などの悪条件を克服して、良 く実を結んだ「宗兵衛裸麦」はその耐寒性と品質、収量など、総合的に優れた品種で、多くの農家の注目を集め、明治末期には農業試験場も他府県との比較調査 に取り上げ優良品種とし、最盛期の昭和10年には東京府の裸麦栽培面積の42パーセントを占め、昭和17年には東京の奨励品種に採用されました。

スタンプ

神明神社

八王子市川口1984 (JR中央線八王子駅よりバス)
TEL:0426-22-7634