JA東京アグリ

野菜の名産地「東京」発のグルメなレシピ満載です。


今、注目の野菜。人気の秘密は、くせのなさが和風にも洋風にも存分に生かせるからでしょう。ビタミン、ミネラルが豊富。
色鮮やかで野菜本来の素朴な味が楽しめる中国野菜を店頭で見かけるようになって久しくなります。
中国野菜は、一説によると横浜中華街の中国人が、業務用材料の入手の必要に迫られて近郊の農家に栽培を依頼したのが始まりと聞きます。東京都、静岡、千葉、長野などを産地とし、年中出廻っています。
代表格の青梗菜は、パクチョイの淡緑色の青軸のことをさします(ほかに白茎、白軸があり、これは青梗菜とはいわない)。柔らかくて風味もあり、いため煮、煮込み、あんかけに最適です。

青梗菜の牛乳煮
<材料 4人分>
青梗菜 …………………………………600g
薄切りハム ………………………………3枚
サラダ油……………………大さじ1・1/2
A.(だし汁カップ1 酒大さじ2 塩、砂糖各小さじ1)
片栗粉 …………………………大さじ1/2
牛乳…………………………………カップ

<作り方>
(1)青梗菜は縦半分に切るか、根元に切り目を入れる。
(2)ハムはみじん切りにする。
(3)サラダ油を熱し、(1)を軽くいため、A.を加え、中火で約15分煮る。
(4)片栗粉を牛乳で溶き、(3)に加えてとろみをつけ、(2)を加え混ぜる。